Loading

BLOG

サテライト サイト・オフィシャル サイト という考え方

大きい・巨大サイトゆえ、わかりにくい・回遊できないWebサイト

会社が子会社・支店・営業所・出張所を作るように。
我々のWebサイトも、オフィシャルとサテライト(衛星)があってもいいんじゃない ?。

クラウドだマーケティングだと言ってみても、ATMから振り込みもできない人もいます。
デジタル・インターネット時代と言っても、スマホはいじれるがパソコンはダメ !という人もいます。
良いとか、悪いとかではなく、現実にいらっしゃいます。

わかる人だけに、わかって欲しいという商売理念なら、なにも言いませんが、やはり万人に理解いただいた方がビジネスチャンスは広がります。
チャンスが広がれば、売り上げは上がる。いわゆる「お金」になるという事。

Webサイトもまたしかり。コンテンツたっぷりのやる気のあるサイトなのだが、いかんせん不親切、いや分かりにくい。
見たい・読みたい・買いたいと思っていても、そこに到達できない。
階層が深かったり、ネットでサイトを見慣れた人向けだったり、いわゆる親切ではないごちゃごちゃのWebサイトがある。
全てを一つのサイトでやろうとするから、わけわかんなくなるんじゃない?。

イメージは大きな母船から、延縄を流すようなものか?
航空母艦から、戦闘機を発進させると言ってよいものか?
上手に表現できないが、ターゲットにあわせて分社化のイメージでいかがだろうか ?。

私の経営する、ジュエリー・アクセサリー工房のオフィシャル・サテライト

こちらのものが、2,000年に制作したわたくしの経営する店の、オフィシャルサイト。
こちらの方が、サテライトサイト。
固定ページより、投稿ページにウェイトを置いて制作した、コンテンツ発信サイトです。

 

わたくし規模の小さな商売で、サテライトの必要性はあるのか ?と聞かれたら、間違いなくある!!とは言いにくいのですが、当店オフィシャルサイトは、17年前に制作したもの。
もちろん投稿ページもなければ、グーグルサーチコンソールにも登録していない、いわゆるSEOなど一切していないWebサイト、いやホームページと言った方がピンとくるようなもの。

作り直すのは簡単なのだが、ここまでのオールドホームページ、なんだか壊してしまのはもったいない。
居酒屋トークで「なんでそんな古いホームページをWeb屋が大切にしてんの?変な野郎だな」と言われるのが、たまらない ♪。
しかし、商売をしている身・経営者なので諭吉様にはお会いしたい ♪ そこで投稿ページのみの「サテライト」でSEOをして、集客しようと考えました。

結果は ?

ベビーカーを押した若いママさんが、5駅以上電車に乗って来店してくれるようになり♪
天気さえ良ければ、スマホ片手にベビーカーを引いた若きママさん・一見さん達が結構来店してくれます。
10年前には、考えられない現象。

Web事業のほうも、制作と戦術と分けております。

これは、「SEO・成功報酬型契約」をうたっておりますので、成功しなければ契約完了・お金を頂く ♪になりません。
あまり良くない表現ですが、「みずっぽい」ビジネス、不安定で不確実な部分の多いビジネス。

テクニカルな事を駆使して検索表示の順位を上げるとは言っても、お相手は世界のお利口さんの集まった巨大組織グーグル。
SEO業者のできる事など、たかが知れております。
長年蓄積した経験値と、細かい事の積み重ねで対抗するしかないのが、現実です。

グーグルさんの裏をかくなど、夢のまた夢なのです。
よって、グーグルさんの公式コメントをきっちり読んだり、ガイドラインに沿った「良質なコンテンツを作る」に尽力をそそぎます。

という事は、打率を高い次元で維持できなければ、店じまい・終了しなければなりませんので、オフィシャルサイトの営業品目に入れるのは、チョット・・・。
という概念もございます。ぶっちゃけますとね。
営業成績の悪い店舗は閉店・さよならセールをして終わり、流通商売に良くある形式ともいえますね。
本体に悪い影響を与えないために、支店や子会社を多数作った時代がありましたね。
現在では、本店・支店・子会社も連結決算なので、意味は薄れましけど。

しかし、個人レベルや小規模法人では、「一年・二年やってみて様子を見た結果、継続・レギュラー化を考えよう」
「やってみなきゃ・はじめない事には、わからないから」という時には、投稿機能を重視した時間も食わない・お金もかからない、サテライトサイトは重宝すると思いますよ。
やってみてダメならサイト閉鎖ですみますからね。

結論

綺麗ごとやええかっしいで言ったところで、個人や小規模法人レベルでは、やってみないと始まらないのが現実です。
理由つけて前に進まない、現状維持を目標にしたら会社は簡単に倒産いたします。
まして、現在では大きい会社が入り口・出口をキッチリ抑えにかかるビジネス網をすぐ敷きにきます。
その中で、小規模の自営業者や会社社長で生きて行くのは、大変な世の中になりました。

我々も、オフィシャル・サテライトという概念を持ち、柔軟に商売と向き合わないとダメな時代と存じます。
投稿機能を多用する「サテライトサイト」は、制作するにも・維持するにも、あまりお金かかりませんので是非ご検討くださいませ。

 

SEO・検索上位に表示されたら、いくら儲かるの ?>>

◊お電話問い合わせ時間 11:00~19:30

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

コンテンツ・記事 (マーケティング・SEO用)1文字 1円から作成

SEO・検索上位に表示されたら、いくら儲かるの ?

関連記事

  1. ワードプレス・公式テーマの選び方

    2017.07.27
  2. ホームページ格安制作・35,000円=5ページ ~ワードプレス公式テーマ「Ha…

    2017.07.27
  3. 404ページからの、301リダイレクトに便利なプラグイン 「Redirectio…

    2017.04.01
  4. ワードプレスサイト・レスポンシブサイトの必須。~クリック・タッチで電話をかけても…

    2017.07.11
  5. ドメインから個人情報が流失するリスクがあるってご存じですか ?

    2017.02.16
PAGE TOP