Loading

ワードプレス・公式テーマの特徴

ワードプレス公式テーマを使用しよう ♪

安全・安心のワードプレス公式テーマ。

凄い数のテーマが無料で使えます ♪

◊ワードプレスと言ってもその数はもの凄く多い

コンテンツ・マネジメント・システム=CMSの代表格が “ワードプレス”

特徴・メリット

・ホームページ制作ソフト及びデータ転送が不用=ブラウザ(インターネットエクスブロラー等)からログインして制作できます。

※”ホームページを作る”だけならば、HTMLもCSSも不用。

・ブログ機能が標準装備されております=SEOを意識してコンテンツを作成できる方なら、グーグル・ヤフーに検索上位が自力で可能。

特徴・デメリット ?

ホームページから情報発信をして、”知らしめる・集客する・稼ぐ”に、意欲のない方・アクションを起こさない方には、あまり意味のないシステム=コンテンツ・マーケティング(アクティブにコンテンツ=記事作成して商売をする)用ともいっても良い構造。

・アップデートがとても多い=ワードプレスのバージョンアップ・プラグインのバージョンアップ・テーマ本体のバージョンアップなど、どれかほぼ毎日アップデートの知らせが来る。
※クリックひとつで数十秒で終わるのだが、「またか」という気持ちにもなる。

◊テーマ=ワードプレスの公式テーマとは ?

ワードプレス=オープンソース・インターネット上にプログラム等が公開されております。

その中でも、ワードプレスという団体が厳正な審査の上、認め・無料で使用をさせているものを、公式テーマと定義している。

♦メリット

・安全・安心=変なプログラム=“仕込み”など一切入っていない。

※悪意のある者がワードプレステーマを作ったら、情報抜き取りはもちろんの事、ある日突然公序良俗に反する”サイト”に・・・ なんて可能性もあり。
それが無いのは、公式テーマ最大のメリット

♦デメリット ?

・”稼ぐ・快適に使う”という事を突き詰めたら、テーマ用プラグインを購入しないと、ビジネス=商売には不向きなものも存在する。

・英語圏で制作されているため、英語表記のものだらけ。

もの凄い数の公式・無料テーマが存在するが、マーケティング用にベストチョイスと考えた時=“帯に短し、たすきに長し”の言葉があてはまるような、なにかが足りないと思わせるテーマが少なくない。

※プラグインを購入してもらうため、意図的に行っているテーマも多数存在する。
※国民性の違いなのだろう・・・と感じてしまう事も少なくない。

⁂プラグイン=アプリと解釈くださいませ。

☆ワードプレス公式レスポンシブ ご推奨テーマ・パララックス HashOne

☆伝えたい事を伝えられ・数字を出せる、ワードプレス・レスポンシブサイトの決定版 !!☆

☆ワードプレス公式レスポンシブ ご推奨テーマ OnePress

OnePress はビジネス Web サイトやポートフォリオ、制作会社、製品ショーケース、フリーランサーなど、デザインの真価がわかる方のための創造的で目を引く、柔軟な1ページ WordPress テーマです。

テーマ全体にわたりエレガントでクラシック、最新版の WooCommerce 互換であり、Bootstrap 4 でできた WordPressテーマの素晴らしい例のひとつです。

レスポンシブ・ワードプレスサイト制作35,000円コース

タッチで電話機能 ♪ 今ならサービスいたします !!電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

◊日本製・ワードプレス公式テーマ

BizVektor

・インデックス(検索エンジンに表示される)スピードとても速い。
クローラー(検索エンジンの放つロボット)の廻りが良いのか、アナリティクスでのクロール回数70up(SEOが効きだす最初の数値)が、短期間で達成できる。※SEO向きとも表現できる。※個人としての感想

・CSSがたくさんネット上に公開されているので、カスタムの幅が広い
※その気になれば、どのようにも変化させられるとも、表現できますね。

<強烈な個性はないが、モバイルファーストと考えた場合、とても見やすく・業種を選ばない汎用性>

個人的にとても好きなテーマです。

プラグイン・CSSを追記して、私使用も含め多くのお取引先にも提供しております。

実績のある信用できるテーマです。

Lightning

・BizVektor とほぼ同じで、好感がもてるテーマ。

・画面横幅いっぱいの大型ヘッダーが搭載。
アイキャッチを確保しやすいので、アドワーズなどの短期決戦の広告には、効果あり。

・BizVektorと同じく、真面目にきちんと設計されている。

・業種を選ばない、汎用性の高いテーマ

 

両テーマに言える事ですが、“Webサイトを作る”と、“稼げる・稼ぐWebサイト構築” は別物。

ご自分の商売・目的に合ったカスタマイズは、必定であり、必然です。

ベースはベース。それをいかにお金になるWebサイトにするかは、きちんとした思考とビジネス戦略があってこその構築となります。

◊国産・非公認 有料テーマTCD

・社名がデザインプラスというだけあって、素敵なテーマを提供しているファクトリー。

・画像のチョイス・色使い・”見せる・魅せる”という事は、一流ですね。

・Webマーケティングとは ?というセリフがとても似合うテーマです。

・・・・・・・・・出典:日本リゾート>>・・・・・・・・

高級感や差別化を時短で表現するには、最高・最適なテーマと思われますね。

オーダー事にこのようにコーティングし、利益を出すと考えた場合、時間・費用が大変かかります。
よって当方、デザインプラスさんとライセンス契約を結んでおります。

☆チェックポイント☆

・使用に対しての注意点ですが、デモサイトはデザインプラスさんのエキスパートが制作したもの。

色合いや画像処理をマネしようとしても、アマチュアでは難しい。

また、貴社のリアルな商売のアイテムに再現する事は難しいかも。

⁂例えば、色を統一しようと思っていても、現実の扱っている商品の色はバラバラ、などのビジュアル的な壁が発生する。

※また、デザインの素晴らしさに目を奪われ、貴社の商売アイテムでこのテーマのイメージが再現できるかは、別の話しであるという事。

☆ブロンズ美人に長身イケメン、そしてテキストに英語ってカッコ良い ♪。その辺をきちんと要認識。

☆ワードプレス・公式テーマの選び方>>

PAGE TOP