Loading

ホームページ制作・3つの鉄則~スマホ最適化と発信そして、コンバージョン~

◊ホームページを作るという事と、稼ぐホームページを作るは、似て非なるもの

ビジネスマン・商売人を狙い平日の昼間だけアドワーズ広告を出しても、スマホでの閲覧者の多い時が多々あります。

私のようなWeb制作業者でさえ。

ならば、女性がターゲット・40代を先頭にその下の世代をターゲットにしている商売なら、スマホユーザーの割合が70%以上となる事は容易に想像できる。

ファーストタッチは、やはりモバイル。

◊デザインに凝りたい

お金を出してホームページを制作するのだから、スタイリッシュなホームページにしたい。

もちろんであり人情。

しかし、スマホ専用サイトなら話は別でしょうが、レスポンシブサイトの場合はどうだろ。

一度アイフォーン6の画面の寸法を測ってみてください。

あの寸法でどうやってレスポンシブサイトでデザインに凝るのだろう?

複雑なプログラムだらけにする? やめといた方が良い。

グーグルに嫌われるだけ、お金かけてSEOに不利なホームページ作ってなにが残るのであろう。

それより見やすく、こちらの思惑に沿って、落とし込みたいページに誘う(いざなう)事に、専念したページ制作を心掛けたと方が、商売になる。

見せたい・魅せたい、ページにランディングさせる事に重きを置く。

◊発信機能がついたワードプレスサイトで発信しない人・組織

ワードプレスの最大の特徴・良い点、それはコンテンツ発信が楽に行える事。

発信するという事は、検索上位表示のチャンスがあるという事。

SEOで上位表示されたら、高いお金を払いアドワーズ広告をしなくてすむ。

年間ざっくり100万円以上の経費節減になる。

わたくしみたいな、ちっぽけなWeb制作業者でさえ。

なのにコーポレートサイトでさえ、どこそこ行った ♪とか、なにを食べたとか、どーでも良い事を発信している組織もある。

どこへ向かおうとしているのか・・・。

発信=投げかける、それは未来に繋ぐ・ビジネスチャンスに紡ぐと表現できる。

◊お金を使ってもらうためにホームページを作る

非営利組織なら見て楽しんでもらうや、呼びかける・啓蒙活動で良いだろう。

しかし、商売人が稼がないホームページを持っている意味があるのだろうか?

銀行から借り入れをし商売を始めた。

サーバーにドメインまで用意してホームページを制作。

しかし、名刺代わりのホームページ。

銀行から借り入れと言っても借金には変わらない。

金利の付く借金をして、「猫しか通らない裏通りの路地に店をオープンした」とも表現できる。

あまり褒められたアクションではない。

商売が道楽なら、何も言わないが。

やはり、問い合わせの入るホームページが必須の第一段階。

そして、コンバージョンに結び付くホームページに作りこんでゆく。

◊固定ページの作りこみ

グーグルアドワーズを行っている方ならわかると思うが、固定ページを作りこまないと品質スコアが上がらないとも言える。

品質スコアが上がらないと、クリック単価が上り、広告表示順位も上位を安定して取れない。

高い広告費用を使い、見てもらうチャンスを逃し、お金ばかり出て行く。

残念な事である。

グーグルは、ホームページに記載されていない事を広告の「うたい文句」にしても、受け付けない。

やはり、ホームページの作りこみは、アドワーズ & SEOの、いろはの “い”

♦最後に

ネットで完結する商売は別として、集客が ”いの一番 ”の商売ならインターネット上で公開されるショップがホームページ。

そういう表現が成立する。

しかし、お金を頂くとはリアル。

よってリアルのためにバーチャルで集客に励むのであろう。

最後はリアルな現実でお客様と接する。

そのために「何が必要で何に重きを置く」かは、実業をしている社長ならわかるはず。

やはり、リアルのための”インターネットという世界の店”という概念は忘れてはならないと思うが、いかがだろう?

モバイルファーストと、コンテンツ発信。

そして固定ページの作りこみによる熟成。

この3つが揃わないと、稼げるホームページにはならない。

 

Web制作以外に、リアルなショップを20年以上経営してきた者の経験値。

 

どこか頭の隅に置いていただけたら幸いと思います。

 

じっくり一年間・制作 更新 契約コース>>

モバイルファースト・レスポンシブ(スマホ表示最適化)サイトの必要性>>

 

 

 

PAGE TOP