Loading

BLOG

靴ひも ネットショップ で買ってみた ~Web千思万考~

靴ひもに、2,347円出して購入するユーザー心理について、リアルなユーザーとして書いてみる。

ロジックではなく、満たされた気分になった本人として。

少しでも皆さまのビジネスの、ヒントになれば光栄です。

靴ひも 通販専門店 というサイト

グーグルの検索窓に「靴ひも」と検索ワードを打ち込み、トップぺージ中段位に表示されていたので閲覧してみたのが始まり。

コンテンツは、靴ひも販売 一点突破のWebサイト。

材質・長さ・セルを指定できる「靴ひも.com」

トップぺージのメインコンテンツバナーがやや見にくいので、向かって左のサイドバナーのカテゴリーより「スニーカー用」をクリック。

30 COLORS 幅3種類というバナーをクリック。

そして 5mm 8mm 10mm というバナーが出てきたので、5mmをクリック。

カートに入れる = 注文フォームページで、カーソルを合わせ色を確認。

長さ・セルを指定して、アマゾンのアカウントを使用して、注文フォーム記入の手間を省き完了。

翌日3~4日以内に発送というメールが来たが、翌日には発送完了というメールが到着。

顔なじみのヤマトのドライバーさんに、代引き代金を支払い完結。

しかし、靴紐に2,347円も出して購入した自分にびっくり。

「こだわりと必然」というユーザー心理

靴ひもというものは靴の附属品であり、「別に購入するものでは無い」と考える、洒落っけも機能向上も望まない者。

今までの人生で、靴ひもを購入した記憶がない。

そんな私が、靴ひもに2,000円upの費用をかけて購入してしまいました。

カスタマイズとも言えますが、やはり「こだわりと必然」そして、満たされた気分になりたい。

が、正解だと思う。

こだわり

フィットネスジムというところに通う事 4ヶ月。
体重も落ち、ミドル級まであと少し。
体脂肪も落ち、筋肉量も増えた。
しかし、イメージと現実の身体の動きのギャップがひどい。
中年の男の悲しい現実。

週三回、フィットボクシングと暗闇ボクシングというものに、に熱心に参加。
鼻息荒く一生懸命なのだが、所詮中年男の手習い。
イメージでは、「蝶のように舞、蜂のように刺す」なのだが、ややデブオヤジが目三角にして、バタバタ暴れているのが現実。

しかし、積み重ねが少しづつだが実りはじめた。

先日、先生に「良くなったね ♪」と「右足に問題あり」と言われた。

中年男、叱咤激励もなければ、褒め言葉を頂く機会も無い。

社交辞令であっても、あまりにも嬉しかったので、向上心が芽生えた。
そこで、問題の右足が改善されるためにも、良い靴・専用の靴を買おうと決心。
靴の色は「赤」しかない。
そう決めた。

理由は、コーナーはチャンピオン。
コーナーは挑戦者。
よって現実は置いといて、「赤」しかない。

子供みたいなロジックだが。
そう思った。

必然

リアルな店舗にボクシングシューズが見当たらない。
よって、ネットでボクシングシューズを見つける。
しかし、ハイカットの本ちゃんボクシングシューズを買う度胸はない。

出典: ASICS 公式通販>>

購入したのはレスリングシューズ。
ミドルカットのもの。

調べた結果、ボクシングシューズとレスリングシューズは機能は同じとの事。

しかし、赤色を購入のつもりがサイズが無い。
アマゾンには無かった

では白と考えたが、すぐ汚してしまいそうなので、黒とあいなった。

さすが専用の靴、とても良い。
だが、地味・華がない。
それと、一つだけ納得できない・不満な点がある。

一言で言うと、靴ひもが ぷあ~。

「なんだかな~」という感触。
なんとも シャキッ ! としない。

そこで、シャキッ ! とした「靴ひも」購入とあいなった。

また、どうせ買うなら「赤」

「靴ひも」 というターゲットキーワードを考える

パソコンでクロームを立ち上げ、Ctrl + Shift + N とショートカットキーを押す。

シークレット モードにして検索する、

※パーソナライズド検索の影響を少なくし、表示件数をきちんと確認するため。

約 28,000,000 件 という検索表示数。

なかなかの激戦区。

アマゾン・楽天は、ご多分に漏れず。

そのやや下に

靴紐通販専門店『靴ひもドットコム』
https://kutsuhimo.com/
靴紐のみを扱う靴ひも専門店。靴職人が厳選した靴ひもで種類・長さ・色を豊富に取り揃えています。

ディスクリプションも、一点突破の専門を強調している。

また、きちんとSEOの結果が出ている模様。

結論から言うとびっくりした、「靴ひも」というキーワードにこの検索表示数。

ビックキーワードだ。

冷静に考えてみたら、靴の好きな方は「靴ひも」にも、こだわると推測するのは難しくない。

また、「むすばなくてよい靴ひも」 なんてものもある。

この 「靴ひも」 お金になるターゲットキーワードと推測できる。

 

「靴ひも.com」料金設定は、基本価格 + 長さ追加料金 + オプション。

送料ユーザー負担の上、返品不可。

 

納期から推測しても、色・幅ごとに長尺で用意してあって、ユーザーの希望の長さにカットして、セルを付けてヤマトで発送。

細かい金額の商売だが、WebサイトとSEOに神経とお金をかければ、ビジネスとして成立すると考えられる。

また、たぶん元々靴の製造販売業とお見受けする。

コンバージョンとは、”満たされた自分を想像させる”

ビフォー アフター をしっかりイメージさせる。

 

ライザップのコマーシャルもそう。

ダイエット関連もそう。

 

ユーザーに心地よいイメージまたは、夢をみさす。

 

これができたら、お金になる。

もちろん、その他色々はあるが、やはり画像か動画、それも高品質の画像か動画が必須。

最近では音声コンテンツの活用も言われておりが、B to C でモノを販売する商売の方は、やはりビジュアル一発でイメージさせる。

 

これが、やはり、”いろはの い” である。

 

それを付けた・それを身に纏った・それを持ったら、素敵な自分になる。

自分の買える金額で、満たされた瞬間を手に入れられるのなら、ユーザーはお金を使う。

 

私自身もそう。

黒い靴に赤い紐を通しただけで、満たされ気分が良い。

 

靴ひもに2,347円は高い。

しかし、満たされ気分が良い瞬間を味会うための2,347円は安い。

 

だが逆を言えば、良いイメージを想像させないWebサイト。

画像が汚く、ユーザーが夢を抱けないビジュアルのコンテンツ。

満たされた瞬間を手にするための対価と、そのモノがつりあわない商品アイテム。

 

そんなWebサイト・ネットショップはお金にならない。

いや、ビジネスモデルにはならない。

そう考える。

まとめ

この度の実話は、オジサンが黒い靴に、赤い靴ひもを通して自己満足している。

そんな話。

赤いボクシングシューズが手に入らなかった・満たされない気持ちを赤い靴ひもで埋めた。

そんな話。

しかし、庶民がお金を使う・モノを買うとは、こんな感じが遠からずではないだろうか ?

また、人を幸せな気分にさせるアイテムを持っている企業・SHOPは、Webというスクリーンを通したアプローチで、良いイメージを想像させる事ができたのなら、成功に限りなく近づいたとも言える。

また、雑な言い方だが、サイト制作やSEOはお金と積み重ねで解決できる。

やりようがある。

と、言いたいのだ。

 

B to C ビジネスは、人を幸せな気分にさせるアイテム = キラーコンテンツを持つ。

 

やはり、これが生命線と考える。

ロリポップ・ワードプレスサイト 403エラー対処法

関連記事

  1. ブログ・SNSの、もうひとつの 「功と罪」

    2017.02.20
  2. SEO なにもしない それで良い ?

    2017.02.21
  3. インターネット広告=リスティング広告 反響・問い合わせ・成約率が下がった時の一手…

    2017.11.13
  4. 人工知能に殺される ? いや・・・。「Web千思万考」

    2017.03.29
PAGE TOP