Loading

BLOG

SEOキーワードは、グーグルアドワーズから見つけよう !!

お金になる キーワード。

なんにもならない キーワード。

 

二つが存在する。

 

それ間違うと・勘違いすると・ミスチョイスすると。

訪れる結果は・・・ となる。

♦よくある話し

グーグルのクローラーが廻りやすいように、ソースコードも配慮しSEO用のサイトを構築した。

戦術はコンテンツSEO。

社員・スタッフにターゲットキーワード=検索クエリを意識させ、ブログを書くように指示もだした。

できる限りの事はした、隙もない。

 

結果、グーグルの検索上位にインデックス=表示された。

しかし、思ったような結果がでない。

売り上げに結びつかない・お金にならない。

 

担当者・経営者はWebマーケテイング、SEOなどまやかしだと憤慨する。

投資した金額は無駄だったと・・・肩を落とす。

時間と労力と金銭を消費しただけの “満たされず報われない” そのときを迎える。

 

そりゃそうだ、そもそものターゲットキーワードのチョイスが間違っているからね。

◊具体的に、お金になるキーワード・ならないキーワード

わたくしの商売で例えますと、「ワードプレス 専門制作」というSEO用ターゲットキーワードと「アクセスアップ 必勝法」というSEO用キーワードを作った時、どちらがお金になるかと申しますと、「ワードプレス 専門制作」となります。

では、なぜ「アクセスアップ 必勝法」がなにもならないSEO用キーワードかと申しますと。

・そもそも需要がない。

・「アクセスアップ 必勝法」と検索エンジンの検索窓に打ち込む人は、無料でなにか良い方法はないかと考えている人が多い。

と結論づけできます。データを見れば一目瞭然。
もちろん全員ではないですが、いわゆる”お金を使ってくださるお客様にはなりにくい”、とも言えます。

考えてみよう♪

「ワードプレス」では間口が広くなり過ぎて、ロスが多くなり・成約率が極端に下がる。

「ホームページ 制作」は悪くないのですが、SEO・コンテンツマーケティングを行なっている当方としては、つながりの薄い=線が細い とも表現できます。

「コンテンツマーケティング」「Webマーケティング」だと、クリック単価が高額になる。

「ワードプレス SEO」は良い。

と、こんな感じです。

小規模法人・個人経営のSHOPなら、絞りこんだキーワードの方がお金になり

成約率=コンバージョン率も上ります。

このターゲットとするキーワードの設定・チョイスを間違うと、”掛け違えたボタン”となります。

解決・向上・前進など「夢のまた 夢」となりますよね。

♠グーグルアドワーズからのキーワード決定

グーグル社の運営する「キーワードプランナー」というものがある。

ターゲットキーワード候補を打ち込むと大体の情報が得られるが、

アドワーズを実際行った時のデータとは、かなりの解離がありデータの裏付けとはならない。

クリック単価でも、倍以上の誤差が発生するなんて少なくない。

よって、実際の、現実の、リアルな有料広告を出して見て、現実のアクセス解析を行う。

♣具体的な方法

1,ターゲットキーワードを書きだす。※20キーワード位はすぐでますよね ?。

2,サイト内・固定ページとターゲットキーワードの関連性と整合性を構築する。

3,そのすべてのキーワードをアドワーズのキャンペーンのキーワードに登録する。

4,最低 “100クリック” は確保できるように予算を設定する。

5,キャンペーン終了=広告掲載期間が終了したら、目を三角にしてアナリティクスの必要な部分のデータ解析をする。

以上。

この工程を行うと、”これはいける ! “ と自信のあったキーワードが全然期待外れなキーワード

いわゆる ”お金にちっともならないキーワード” だったなんて結果も。

また、とりあえず入れて置いたキーワードが、検索されたキーワードのTop3にランクイン。

いわゆる”お金になるキーワード”なんて事もある。

理屈や思いこみ、頭の硬さで選んだキーワードは、アドワーズから出された、現実のユーザーデータとなる。

いわゆる”データとしての裏付けをアドワーズでとる”とも表現できる。

♥もう一手

データを基にもう一度、二回目のアドワーズを行う。

最適化=キャンペーンページの書き換えを行い、黒字となるような予算組みをいたし、今度は投資額を回収=数字を獲りに行く。

これで完璧なキーワードの抽出は完了。

♦その後の戦術 ① 作りこみという整合性

そして、広告宣伝費を毎月計上できる企業・ショップはアドワーズの最適化をさらに進め、クリック単価の減額と、コンバージョン率のアップのため、サイト内の固定ページの新設と作りこみを行う。

◊その後の戦術② LPという純血サイトの構築

ただ、たんに作ったオフィシャルサイトや、SEO用のサテライトサイトでアドワーズを行っていると、やがて全体に数字が落ち込む

いわゆる費用対効果が悪くなる。

そうしたら、LP=ランディングページ を制作する。

いわゆるアドワーズで稼ぐためのWebサイトをこしらえる。

同時にSEOを行う。

ダブルで同時で、事を進める。

以上、ここまでくる方は”アドワーズで儲かった方”か、覚悟のある方であろう。

大半は、〇〇万円も使ったのに・・・と言い、離脱してゆく。

♠データの裏付けの大切さ・思いこみの怖さ

財をなした社長・頭の良い人・策士な方。

こういう方って良い方向に向けばクールにデータを取り、今という時世にシンクロしようとする。

悪い方向に向けば、”我が”強くなる=人の意見に耳を貸さない・思いこみが強くなる。

と、私の経験値からそう言えます。

時は流れ人の営み・思考も変化するスピードの速い時代。

良い・悪いは置いといて、現実を受け入れ、しなやかに、したたかに対応しなければ能書きばかりの多い経営者となる。

物事をスタートする・挑む時は、やはりデータの冷静な解析と

結論の出た後の力強いダッシュ力=行動力が大切だと感じる。

企業スケール=大きい・小さい会社に関係なくね。

♣費用対効果と時短に経費節減と呪文のように唱える経営者

費用対効果や時短。そして経費節減という言葉は、ある程度の売り上げと利益の確保をしたものが、もう少し財務内容を良くしたい。

または、損益計算書を最適化したい=黒字の企業やショップの言うセリフと考える。

数字も少なく、利益の確保もままならない。

また、チャレンジ・走る時期に置かれている者が言うセリフではないと感じる。

お金ばかりは事情があるが

進むべき時期にあるものが、落としどころと折り合いばかり考え商売をしたら

やがて”存続の危機”を迎える事になる確率は高くなる、と容易に想像できる。

苦しい時こそ・新しいビジネスモデルの構築の時こそ、冷静にデータ解析して、その結果が出た後は力強く投資して、一年・二年以内に回収できる・回収するという戦略・戦術の構築を考えられる社長でないと、生き残る確率は低くなると言える。

私も含めてね。

♥で、いつ上位表示されて、いつ数字につながる?

「どの位で上位表示させるの」と聞かれる時がある。

この質問て至極もっともであり、お金を払っているから・成功報酬額を払う気のある者なのだから、当たり前の事。

回答・返答は、「サイト内のコンテンツとリアルの商売の整合性が取れていて、そのコンテンツが有益なものであれば、〇〇日で決着がつく」と答える。

果たして本当なのか ?

・一歩踏み込んで考えると、SEOとは個人並び民間企業が同じ民間企業であるグーグルやヤフーに対して、ガイドラインを守りながら行うものである。

・民間が民間に行うのだから、正攻法で行うという王道であれば、そのタイムスケジュールには誤差が発生するか、達成されないという事もある。

・他人様の会社の経営方針や活動を、他人がコントロールするなんて到底できないという、解釈も成り立つ。

よって、SEOをアウトソーシングで行う場合は、付き合う相手=取引先の選択と、達成されない時の事を含んで、もう一手を用意しておく必要があると考える。

組む相手を間違える事=時間とお金とエネルギーの浪費と考える。

少なくとも私が発注・契約する立場ならそう考える。

♦その後のもう一手

これは、やはり経営者の考えるところ。

業種や置かれている立場や組織力によっても色々ありすぎる。

しかし、思い出してほしい。

アドワーズ広告の最適化を行ったキャンペーンページを持つWebサイトなら、”アドワーズで食う” という事も考えられる。

特にLP=ランディングページを新設するのもアリ ! と考えられる経営者なら、このインターネット広告で食える確率は高いと考える。

最適化は、ほぼ完了しているのだからね。

☆まとめ

SEOは大切である。

誰も見ないWebを制作することは、ナンセンス。

「猫しか通らない、裏通りの路地にお店をオープンする」ようなもの。

よってSEOは見てもらう・興味を持ってもらうための ”術”

しかし、本当は上位表示され、念願のアクセスがあった時が勝負である。

サイト内のページにお客様が訪ねてきてくれても、結論はお金を落としてもらわないと、なにもならない。

いわゆる有益なコンテンツをお客様に提供しなければならない。

「なんだかつまんない」・”利害が一致しない” そんなコンテンツではなにも始まらない。

また、先に述べたように

お金を使ってくれるお客様を呼び込まなければ始まらない。

いわゆる、ターゲットと想定したお客様、ドンズバのターゲット客が来てくれないと

お金のやりとりは、発生しない。

Webマーケティング・SEOは、越えなければならないハードルが何個もある。

また、リアルな商売とリンクしていなければならない。

ほんと大変なのだけど、戦略・戦術がしっかり構築しているのであれば、必ず数字は発生する。

いや、なにがしかの利益は出る。

但し、それが納得する額であるか否かは、貴方・貴女しだいの思考とアクションなのだと思う。

 

と、言う事で。

 

共に進みましょう ♪  クールに粛々と ね ! 社長。

 

 

SEO 見える・検索エンジン最適化は 「コンテンツSEO」>>





ワードプレス・公式テーマの選び方

マーケティング・SEO・リスティング広告は 整合性 ?

関連記事

  1. SEO 見える・可視化された、これからの検索エンジン最適化は 「コンテンツSEO…

    2017.03.08
  2. 「マーケティング」・お金は ”華” が呼び寄せる。

    2017.05.31
  3. アドワーズで現実とキーワードを確認しよう !! ~SEO 行うその前に~

    2017.05.29
  4. ホームページアクセスアップ! 忙しい人のための必勝法。

    2017.02.14
  5. マーケティング・SEO・リスティング広告は 整合性 ?

    2017.09.12
  6. アドワーズで稼ぐために ~時間を買いデータを手に入れる そしてお金も。

    2017.09.19
PAGE TOP