Loading

モバイルファースト・レスポンシブ(スマホ表示最適化)サイトの必要性

◊はじめましては、スマホから

スマホ普及率が60%を超えようとしている昨今、スマホ・タブレット対策を講じないは、ビジネスチャンスを失うは、火を見るより明らか。
お気に入りのお店を見つけ、スマホを見ながら来店などという風景は、あたりまえ。
貴社・貴店のWebサイトのファースト・コンタクトは、

「電車の中でスマホから」なんて良くありますね。

また、グーグルも「モバイルファースト・パソコンは将来なくなる」と言っております。

 

そして、グーグルは「スマホで見やすいWebサイトを優良なWebサイト」と言っています。
現時点で、レスポンシブサイトではないから、検索表示順位を落とされたなどの声はございませんが、段階的にそうなって行くは、グーグルの公式コメントを見れば想像に難しくございません。

また、新規でSEOを行い検索上位表示を狙うなら、「レスポンシブ化」は必然です。
iPhone 6 の登場から、レスポンシブ化のための、画像サイズも変化いたしました。
これからのWebサイトは、ざっくり言うと「縦長表示の狭い・小さい画面の時に、美しく・わかりやすい表示」が求められます。

パソコン表示だけだったWebサイトの時代は既に終わっております。

◊グーグル運営のサイト診断を受けてみてください

グーグル対策

検索エンジンの世界 ? 業界 ? では、グーグルとヤフーの2社でシェア90%と言われております。
ヤフーは、グーグルのアルコリズムにひと手間かけて、独自の仕様にしております。
同じキーワード検索でも、プラス・マイナス 1~2位の表示の違いがでます。

結論はSEO(検索エンジン最適化・対策)=グーグル対策となります。

先日、「風邪を引くのは、幽霊に憑依されているから」という記事・コンテンツがキュレーションサイトに表示され、社会問題となりました。
運営している会社は、上場企業でした。
この稚拙な事・デタラメを防止するために、グーグルは、「嘘のコンテンツが多いWebサイトは、検索上位表示をさせない」と言いました。
当たり前の事なのですが、残念ながらインターネットの世界は、これが現実なのでしょう。
「良質なコンテンツを含んだ、優良・有益なサイト」と認識してもらうための、はじめの一歩は、

「モバイルフレンドリー」レスポンシブサイトですね。

上記サイトにアクセスして、貴社・貴店・貴方のサイトURLを打ち込んでみてください。
ものの数十秒で、「モバイルフレンドリー」レスポンシブサイト かどうか診断結果がでます。

Webマーケティングのためにと言って良いワードプレス。
そのワードプレスをスマホできちんと表示されないWebサイトは、やはりアクセス少なく・稼げません。

コンテンツ・マーケティングは、Webで稼ぐは、グーグル対策+スマホ最適表示ですよ。

◊お電話問い合わせ時間 11:00~19:30

電話でのご予約 ?03-3480-8876 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます





PAGE TOP