Loading

BLOG

人工知能に殺される ? いや・・・。「Web千思万考」

金返せ、ドロボー!!

久しぶりに見たよ いや、見かけたよ  これ

まさに 怒

いや 怨念だね。

 

ケセラセラ、「なんとなく生きている」って笑える世の中っていいのかもしれない。

サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ ♪って歌える俗世は平和なのかもしれない。

費用対効果・コスパって庶民が言う世の中は、なんだか生き苦しいよね。

もっと便利に、もっと楽にって考えた末イノベーションは生まれる。

そして新しい雇用が生まれる。

しかし、必ずその波に乗れなかった者が現れる。

 

50年前の東京オリンピックの時、ガンガン急成長した企業と人が生まれた。

しかし、首都高速道路が急ピッチで整備される陰で、日当240円で働く者がいた。

最下層の肉体労働者達である。

そしてまた、東京オリンピックが行われる。

今度は宿泊施設がガンガン整備されている。

今度はどの位の金額で働く者がでてくるのだろうか?

安い賃金でもやるべき仕事があれば、なんとかお金を回し生きてゆける道も開ける。

しかし、その安い賃金でさえ獲得できない者も必ず現れる。

 

人工知能(AI)が10年以内に、人間の仕事の50%を奪うと発言する者もいる。

現在、億万長者と言われている者は、物を作らない。

仕組みを構築し、入り口・出口をがっちり固める。

または、ピンハネ商売と言ってよい者もいる。

 

安曇野の友人と酒を呑んだ。

呑んでいる時に彼はこう言った。

「自然豊かなこの地に来て、買ってゆくモノは中国製の安物ばかり」と。

「真面目にモノつくりをしている人間は、浮かばれない」と。

これが現実なのであろう。

 

人間オギヤーと生まれたら、元気にすくすく育つ子供もいれば、そうでない子もいる。

行く末、大臣や有名企業の社長になる者もいれば、ストリートで生活する者もいる。

森羅万象、生きとし生けるものの定め。

このことって、言葉をかえたら「歩留まり」とも「生存率」とも表現できる。

生物が生まれたら、何割か天寿を全う、何割かが志半ばで脱落する。

数字で表せるらしい。

しかし、これからの近未来に人工知能がどう影響してくるのか。

「歩留まり」を悪くし、「生存率」を下げるのか?

わたくしには、わからん。

しかし、こう言っている者もいる。

人の生きる道は、それぞれ違う。

この人には、この人の歩まねばならぬ道がある。

己の道は、己自身で切り開いてゆかねばならぬのだ。

 

よいな、大五郎。

とね。

徳川、公儀介錯人にして、水鴎流の達人。

拝一刀、人呼んで「子連れ狼」がね。

人工知能が人の世の仕事を奪うと言われている世の中を、どう生きて行くのか?

その答は、「ちゃん」が言っていた言葉そのものなのであろう。

さてと、貧乏こじらす前に目の前のサイト制作して、諭吉様とご対面しよっと ♪。

 

それが我の 道。





SEO 見える・可視化された、これからの検索エンジン最適化は 「コンテンツSEO」

404ページからの、301リダイレクトに便利なプラグイン 「Redirection」

関連記事

  1. インターネット広告=リスティング広告 反響・問い合わせ・成約率が下がった時の一手…

    2017.11.13
  2. SEO なにもしない それで良い ?

    2017.02.21
  3. ブログ・SNSの、もうひとつの 「功と罪」

    2017.02.20
PAGE TOP