Loading

BLOG

SEO なにもしない それで良い ?

それって、

 

「身・心のままに」   って 事 ?。

公式コメント

我々(Google)がたぶんもう15年くらい言い続けてきたことで、我々の推奨でもあるのだけど、自然な言葉で書くことだ。

人間が使うような言葉に聞こえるように書こうとすればといい。

もし機械っぽく書こうとしたら、RankBrain は混乱して抵抗するだろう。

サイトでコンテンツを公開しているなら、いくつかの記事、あるいは書いたのもは、なんでもそうだけど、声に出して読んでみて自然に聞こえるかどうかを人に聞いてごらん。

もし会話のように、日常生活で使うだろう自然な言葉に聞こえるなら、間違いなくRankBrainに最適化できている。

もしそうでなければ、最適化できていないね。

 

上記の文面を庶民的に解釈すれば、

 

だから昔から言ってんじゃん、姑息な事などせず、自然体でいろよ。

キーワードばっかり意識した、訳わからない文章を書くなよ。

普通に書けばいいじゃんよ。

計算ずくで書いたら、人口知能のクローラーは、しかとするよ。

Webとかコンテンツとか言っている身なら、自分で書いた物をまともな良識のある人間に読んでもらったら?。

普通に書いたまともな文面なら、人口知能は受け入れるし、ちゃんとインデックスするよ。

じゃなきゃ、無理。

 

ってとこですよね ?。

まー当たり前と言うか、それが王道だろうね。

千思万考・多事騒音

なんかさ、なんかね、面倒くさい野郎が多いね。

カスタマイズとかチューニングとかバージョンアップなんて言葉が大好きな理工系のお利口さん。

アナリティクスでアクセス解析をするって、商売が上手く行くように・売り上げが上がるように・諭吉様が訪ねてくるように、するためのものなのに。

解析が命でデータを集めて理詰めで話すその姿。

ほんと   変な顔。

 

お金が欲しいなら、人より労働時間を長くするか、濃密な時間を増やせよ。

 

結婚したいなら、彼女欲しいなら、「好きだ」でいいじゃん。

 

サラリーマンで出世したきゃ、歯車になるのも、犬と呼ばれても仕方ないじやん。

 

って、正論のお話しなのだろうね、このRankBrain のお話しって。

 

当たり前の事を、当たり前に考え行動しろという事なのだろう。

 

諸行無常とつながる話し、かもしれないとこが興味深い。

それを欧米と思われる組織に言われるとは、世の中も変わったのだろう。

いや、何事も根っこは、そんなに変わらないとも考えられるね。

 

「老痩蕾稀(ろうそうらいき)」という中国の古い言い伝えがあります。

梅に四貴(しき)あり

若きを貴しとせず     老いたるを貴しとす      

肥えたるを貴しとせず   痩せたるを貴しとす      

開きたるを貴しとせず   含みたる(蕾)を貴しとす  

繁きを貴しとせず     稀なることを貴しとす    

SEOの世界も、もしかして「老痩蕾稀」なんて言い出すかもしれないね。

 

ま、それはそれで、無機質なネットの世界にが感じられていいかもしれないね ♪。

 

では、また。

 

 




ブログ・SNSの、もうひとつの 「功と罪」

SEO 見える・可視化された、これからの検索エンジン最適化は 「コンテンツSEO」

関連記事

  1. インターネット広告=リスティング広告 反響・問い合わせ・成約率が下がった時の一手…

    2017.11.13
  2. ブログ・SNSの、もうひとつの 「功と罪」

    2017.02.20
  3. 人工知能に殺される ? いや・・・。「Web千思万考」

    2017.03.29
PAGE TOP