Loading

BLOG

アドワーズで現実とキーワードを確認しよう !! ~SEO 行うその前に~

マーケティングいや、商売をしかける側と、検索するお客様が現実に打ち込むキーワードにはズレが発生する。

 

そのずれを確認・修正するためにも、グーグルアドワーズは有効だよ ♪。

 

私の同僚・ライバル、いや人生の・商売の先輩がこのたび○縄でダイビングショップをオープンいたしました。

本業を成功し、お金もそこそこ残したと思われる彼。

60を過ぎてもジムに通い、体脂肪の少ない身体を手に入れ、新しいジャンルに挑戦。

60も過ぎたオジサンなら、御髪を薄くし、でっぷりした腹をしていてもおかしくない。

また、チャリンコ転がしスーパーで特価品を買っている哀愁漂うオジサンもいる。

しかし、彼はもう一発行くという。

わたくし自身、独立・開業して26年が経つが、彼を見て男としても、経営者としても、リスペクトする。

「人生とはチャレンジでもあり、これで良いという事はないんだ」と、再認識する。

 

男は黙って”サッポロビール”とも思える。

 

 

そこで、Webサイトの制作はもちろんだが、広告・インターネットでの広告である「グーグルアドワーズ」の設定・運用・データ解析も頼まれた。

アドワーズはめんどくさいので断りたかったが、これも渡世の義理。

またおこずかい程度だが、諭吉様も頂いた。

めんどくさいけど、久しぶりにグーグルアドワーズに電話したよ。

オープン広告なので、よろしく ♪と申し入れた。

「コンテンツマーケティング・コンテンツSEO」で勝負したいと彼は言う。

キーワードはどういたします?」と尋ねたら、彼は言った。

 

「○覇 ダイビング」と。

 

やばい、いやマズイ、いやいやピントがずれている。

完全にオジサンをこじらせている。

普通「○縄 ダイビング」もしくは、「○縄 ダイビングショップ」ではないかと指摘した。

彼はわかったような、わかっていないような気配と言語を放った。

 

いや、完全にわかっていないようだ。

そこで、実験、いや、彼に現実を理解して頂き、お稼ぎいただけるために、「オープン記念にインターネット広告をやってみて、現実に見込み客がどんなキーワードで検索をかけて、どの位のコンバージョン(成功・成約率)があるのか」、身をもって知ってもらうため、と提案した。

「では、頼む」とあいなった。

「だけど設定めんどくさいんだよな」と心の中ツイートした。

さあ、そこでキーワードの設定

通常SEOをかける時、ダイビングショップもしくは、ダイビングが先に来て、地名である「○縄」が後にくる。

しかし、ベリーフェイマスな「○縄」というワード。

「○縄」という言葉自体がブランドであり、キーワードである。

よって、通常の逆である「○縄 ダイビング」を筆頭にキーワードを作成した。

グーグルで検索して表示件数のチェックとキーワードプランナーでクリック単価をリサーチして、30数個キーワードを彼に提示し、10数個に絞りこんで頂いた。

 

「○覇 ダイビング」がまた入っていた。

○覇 ダイビングショップ」ではないのか?

 

グーグルアナリティクス及びサーチコンソールは、毎日何度も何年も見続けているので、立て板に水の如しなのだが、アドワーズの設定は、めまいと吐き気を覚える。

まずタブの多さ、いやクリック・クリックで進んで行く。

慣れれば問題ないのだが、ただ、ただ、めんどくさい。

また、設定してもグーグル様の承認を頂かなければならない。

24時間待つ場合もあるそうだ・・・。

しかし、実際は数分で済んだ。

♥めんどくさいところは、グーグルアドワーズのお姉様にコール

前回は、ザ・理科女と思われる滑舌の良い・IQの高そうな女性がサポートしてくれた。

今回はまだ社会に出たての、お育ちの良さそうな、ソフトな女性であった。

どちらに対しても言える事だが、グーグルアドワーズの女性は話しが早い。

わたくしも一応インターネットという世界で細々と飯を食っている身。

質問をするのにも、「このような解釈と思うのだが、いかがですか」とカッコつける。

「おっしゃる通りでございます」か、「いえ、それは違います」とすぐスッパリ返答がくる。

面倒くさい聞き方をするオジサン相手に気持ちの良い返答。

 

「オッケー! グーグル ♪」と叫びたくなる。

設定が完了、セブンイレブンでお金を払いこんだら、いざ出陣。

先輩に振込みナンバーを送信して時を待つ。

数十分後、彼から電話があった。

 

「○縄にセブンイレブンがない」との事。

 

「マジすか ポリス」とおどけてみた。

あわててグーグルのお姉様にコールし、払いこみ変更の設定ページを教えて頂いた。

今度は「オーケー!グーグル」と言ってみた。

ウケた。

情けなのであろうが、嬉しい。

客の立場は良いものだ ♪。

キーワードのクリック率・数・人気ランキングがわかる

リアルタイムではないが※数時間のタイムラグで、コントロールパネルみたいな「ホーム」というページで”現実”を確認できる。

キーワードとコンバージョンは秘密♥

アドワーズの「キーワード」というタブをクリックして、候補のキーワード10数個を登録する。

そうすると、向かって左の「キーワード」の横にクリック数が表示されます。

これで先輩も一目瞭然・百聞は一見に如かず、ってとこですね。

毎日、シコシコと彼の端末にデータを送信したよ。

絶対見てないと思うが・・・ おこずかい頂いたのでさ。

データチェックいたしましょう ♪

①は、クリック率

これは、表示されて見込み客がクリックした回数。

業種によって多い・少ないの数値があるので、一喜一憂するのはナンセンス。

グーグルアドワーズさんの持っている業種別・平均クリック率をはるかに超える数値をだした場合は、“同業者が多数見ている” という仮説も立つからね。

②はクリック単価・ワンクリックの値段

キーワードプランナーで下調べした段階では、「○縄 ○○○○○」が、ワンクリック500円アップの値段だったので、350円位はかかると想定していたが、安く済んでびっくり。

キーワードによって、エブリデイ・エニタイム、価格が変動するので慣れてないと、良い意味でも・悪い意味でも予測が難しいね。

しかし、アドワーズはお利口さん ♪ 最適化作業をしていないのに、日に日にクリック単価が下がる。

人口知能は恐るべし。

一日の使う金額(上限額指定)と、クリック単価の上限リミットを設定するのだけど、少ないとほとんど掲載されないね。

「金しだい」って事だね、いや「最適化しだいだね」

③はコンバージョン率・成約率を計測するための “タグ”

これは、アナリティクスを始める時にUA-なんちゃらかんチャラってタグをワードプレスに仕込むよね。

あんな感じだね。

解析マニアやそこそこ人数のいる企業なら必要だけど、個人や小規模企業の場合はいらないよね。

契約して頂き口座にに入金されたら、それで一目瞭然だからね。

思い入れのあるページ・見てもらいたいページに貼るっていうのも、アリだよね。

もうひとつすること

アドワーズに広告掲載期間中=キャンペーン中は、必ずアナリティクスでデータ見ると良いよ。

特に、行動→概要 をみると、どのページをどれだけ見ているか一発でわかる。

例えば、ダイビングで検索されている・慶良間 ○○とかで検索されているのに、求人ページばかり見られている、なんて場合は同業者のチェックとも考えられるからね。

メインコンテンツのページより、はるかに求人ページのアクセスが多い場合は、ムムムだよ。

まとめ

SEOを行う場合は、まずアドワーズで現実を認識する !!。

きちんとデータがでるので、それを指針にする !!。

そしてグーグルアドワーズの最適化をする。

これがベストかもしれません。

 

但し、データとるだけと割り切るなら、ワンクリック単価100円で100クリックで諭吉様1枚。

一万円で市場調査ができ、SEOキーワードがハッキリするなら、安いもんだよね。

そして、グーグルアドワーズの最適化後、アドワーズ用にランディングページ作るなり、費用捻出できない方はヘッダーだけでもキャンペーン用にして、挑むだね。

しかし、”マーケティング” と考えたら、毎月予算を計上して一年間、いや半年位は、固定ページの作りこみを行いながら、やり通す位の覚悟がないと、報われないと思うよ。

クリック単価を下げる事ばかり気にして、重要な問い合わせ・資料請求・契約をのがしたら何のために広告うったかわからなくなるからね。

商売人、100万円つかっても101万になった ♪と考える事も、段階によってはアリだよね。

それとニッチなキーワードを見つけ出し、俺は稼ぐ !!って、手もあるが、最後はあなたのコンテンツ=商品・サービスが認められないとアクセス解析を楽しんで終了!という虚しい瞬間を迎えるからさ。

お金というと、提供する商品・サービスという“弾”があっての戦略・戦術としての広告だからね。

クリック率・表示回数とか論ずるより、口座にいくら入金されるか、そこにフォーカスとアクションだね ♪。

では、また。





404ページからの、301リダイレクトに便利なプラグイン 「Redirection」

「マーケティング」・お金は ”華” が呼び寄せる。

関連記事

  1. ホームページアクセスアップ! 忙しい人のための必勝法。

    2017.02.14
  2. マーケティング・SEO・リスティング広告は 整合性 ?

    2017.09.12
  3. 「マーケティング」・お金は ”華” が呼び寄せる。

    2017.05.31
  4. SEO 見える・可視化された、これからの検索エンジン最適化は 「コンテンツSEO…

    2017.03.08
  5. コンテンツマーケティングのターゲットは、ハウツー本で学んだ・頼った世代だ !

    2017.02.17
  6. ウェブマーケティング~「執着は身を亡ぼす」~

    2017.06.27
PAGE TOP